個人年金保険についての悩みや体験談を集めました。

▼個人年金保険の落とし穴とは▼

個人年金保険,比較,おすすめ

 

▼詳しく解説してるサイトはこちら▼

http://個人年金保険比較おすすめ.net

個人年金保険についてのコラムを集めました。記事一覧

国民年金基金とは、国民年金第一号被保険者(自営業・学生・無職等)として、国民年金保険料を免除せずに満額納めている人が入れる制度です。これを納めることで、自営業の人も会社員の厚生年金のように、二階建てに出来ます。掛け金は68.000円を上限として、自分で何口にするか決めることが出来ます。具体的な掛け金は年齢・性別・給付の方法によって変わります(終身年金、5年受け取る、10年受け取るなど選択できる)。...

個人年金保険は将来年金の支給額が減ることを考えたら少しでももらえるお金があった方がいいですよね。そのためには、今から個人年金保険に入る方がいいと思います。なぜなら、保険料を積み立てることで、将来年金を受け取れるというものです。年金形式での受け取り方は終身年金、確定年金、有期年金があります。終身年金とは、生きている限り、一生年金を受け取れます。公的年金と同じ形式です。保険料も高めです。確定年金とは、...

公的年金は絶望的だと言われています。今、年金を納税している20代から40代の人は損をすると言われています。現在年金を受給している人でさえ、公的年金だけでは十分な生活が出来ないと言われているので、預貯金を切り崩して生活をするという人が多いのだそうです。将来的に年金を受け取ることが出来たとしても、その金額は小学生のお小遣い程度になってしまうのではないかな、と思うと不安です。若いうちから貯金をしておくと...

ちょうどバブルがはじけた頃に社会人となった私。私はバブルを体感してはいないけど、社内預金の金利が10%だった時代です。それが私が入社してから急に3%になり、そのうち社内預金も無くなり・・・。不況をヒシヒシと感じ出した頃、会社の先輩に「将来公的年金はもらえない世代」と言われ、個人年金を勧められました。ちょうど会社に三井生命さんが出入りしていたので、三井生命さんの個人年金「福の守」を契約しました。10...

個人年金保険に加入してからまだ2年程ですが、我が家は夫婦ともに税対策をするために個人年金保険に加入することにしました。なんといっても最大40,000円の所得控除が効きますし、これは夫と私それぞれが別々に対象となるため、メリットは大きいかと思っています。また、この税対策に加え、もうひとつ理由を挙げるとすれば老後の前倒し貯金とでもいいましょうか。毎月の掛け金は二人合わせると○万円と我が家としては痛いの...