『国民年金基金』と言う個人年金制度があります

国民年金基金とは、国民年金第一号被保険者(自営業・学生・無職等)として、国民年金保険料を免除せずに満額納めている人が入れる制度です。

 

これを納めることで、自営業の人も会社員の厚生年金のように、二階建てに出来ます。

 

掛け金は68.000円を上限として、自分で何口にするか決めることが出来ます。

 

具体的な掛け金は年齢・性別・給付の方法によって変わります(終身年金、5年受け取る、10年受け取るなど選択できる)。

 

『国民年金を満額納めている人が対象』なので、会社を退職してちょっと無職になっちゃったと言う人には不向きかもしれませんが、自営業の人には向いていると言えます。

 

ただし、国民年金基金に入ると、以下のデメリットもあるので、加入に当たっては注意が必要です。

 

就職して厚生年金に入ったり(第二号被保険者)会社員・公務員の配偶者となって配偶者に扶養される(第三号被保険者)と言った事が起きない限り、国民年金基金は自分の意志では辞められない。
付加年金を納めることが出来なくなる(付加年金とは、国民年金を納めている人が月に400円納めることで、年額200円年金が増える制度。知る人ぞ知ると言った制度ですが、付加年金部分は2年で元を取れるので、国民年金を納めているなら利用した方が良いです)

 

国民年金基金について興味がある人は、まずご自分が自営業などで国民年金の保険料を満額払っているかどうかを確認の上、各都道府県にある国民年金基金へ問い合わせをしてみると良いでしょう。

 

連絡先は、国民年金基金連合会のホームページに一覧があります。

 

会社員・公務員などで厚生年金を天引きされてる人は、そもそも対象外。

 

会社員・公務員の配偶者として扶養されており、自分で年金の保険料を納めてない人も対象外。

 

免除制度を使っている人も対象外なので注意が必要です。

 

『国民年金基金』と言う個人年金制度があります

関連ページ

個人年金の受け取り方
あなたが探している保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
将来のことを考える
あなたが探している保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
私にとっては良い貯蓄です!
あなたが探している保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
税対策のために個人年金保険に加入しました
あなたが探している保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。