▼学資保険の落とし穴とは▼

 

▼詳しく解説してるページはこちら▼

http://保険無料相談.net

学資保険の必要性・貯蓄性を考える記事一覧

「学資保険とはいうけれど、いったいどのくらいの金額を毎月貯めていけばいいのか?」「貯金ばかりが頭をよぎって、いくら貯めていけばいいか分からない…。」そんな疑問を持つなら、毎月の学資保険の積み立て金額の目安を知っておきましょう。毎月1万円で18年間で216万円学資保険の毎月の積み立ては、1万円ぐらいが目安となります。大手の学資保険の積み立て月額金を見ると、だいたい8000円ほどなので、1万円あれば学...

子供を妊娠したら決めなきゃいけないのが、子供の保険ですよね。ここでは人生の大きな出費となる教育費の保険について説明します。学資保険は子供の教育費に当てる保険。児童手当てで積み立ても子供が社会人になって稼ぐようになるまでに必要な金額は、子供1人につき1000万円以上も必要です。それをコツコツと普通貯金で貯めていくのも良いのですが、学資保険を使って保険で貯めていくとメリットもでてきます。「日々の生活に...

貯蓄ができる金融商品子供が生まれると、将来にかかる教育費用を見据えて教育費を貯蓄していかなければなりません。お給料が高くてお子様が進学する時に費用に困らないようなご家庭であれば良いのですが、そうでない場合には、何かしらの貯蓄方法を考えないといけません。また貯蓄の中でも有名なプランが学資保険になりますが、その他にもネットバンクの定期保険低解約返戻金型終身保険や 個人向け国債など、いろいろな金融商品で...

NISAの概要について教育資金の積立と言うと学資保険が一般的ですが、NISAが良いと言う意見もあります。NISAが本当に良いかどうかと言うと一概に良いと答えることは難しいです。それはどうしてかと言いますと学資保険にもNISAのどちらにもメリットとデメリットがあるからです。また各家庭の考え方もありますし、積立額によっても受け止め方が変わってくるからです。ちなみに先程から出ているNISAとは何なのかと...

選ばれる人気の学資保険は返戻率がポイント学資保険を検討する際に、大手各社の人気ランキングの比較が人気となっております。それはどうしてかと言いますと、学資保険を選ぶポイントとなるのが返戻率(返戻率)になるからです。この定義は各社によって異なりますが、基本的には皆さまが支払った額に対して受け取れる保険金はどの位になるのかと言う率になります。例えば皆さまが支払った保険金が100万円だとして、満期に受け取...

学資保険は金融商品として優秀なのかお子様の教育費の積み立ての代名詞と言えば先ず最初に学資保険が連想されるでしょう。しかし積み立てと言う意味で考えると、皆さまも良くご存知の銀行の定期預金や積み立て預金もあります。そして、投資信託や個人向け国債を購入することもできますので、特に学資保険じゃないといけない訳ではありません。このように複数の方法があるのに、学資保険が有名なのは単に知名度だけなのでしょうか。...

返戻率で選ぶ学資保険学資保険を検討する時にはほとんどの方が返戻率の高さで、どこの会社にするかを決めます。これは皆さまが将来のお子様にかかる入学金や教育費を満期に向けて貯蓄する時に、それまでに払った金額に返戻金が上積みされて返ってくるかと言う皆さまが一番興味を持つ部分にもなります。各会社のプランによっては怪我に対する保険や医療保険や生命保険などが付いており、一見有利に見えますが、特にお子様の保険に関...