学資保険の積立金額の目安は毎月1万円ぐらい。

学資保険の積立金額の目安は毎月1万円ぐらい。

「学資保険とはいうけれど、いったいどのくらいの金額を毎月貯めていけばいいのか?」

 

「貯金ばかりが頭をよぎって、いくら貯めていけばいいか分からない…。」

 

そんな疑問を持つなら、毎月の学資保険の積み立て金額の目安を知っておきましょう。

 

毎月1万円で18年間で216万円

学資保険の毎月の積み立ては、1万円ぐらいが目安となります。

 

大手の学資保険の積み立て月額金を見ると、だいたい8000円ほどなので、1万円あれば学資保険が入れるという感じです。

 

そして、1万円というのは児童手当ての金額でもあります。
子供の年齢によって児童手当ての金額は変わってきますが、だいたい1万円〜1万5千円が児童手当てです。

 

という事は、せっかく児童手当てをもらうならばそれを全て学資保険に当ててしまえば日々の生活で生活を切り詰めていかなくても良くなります。

 

児童手当てをもらったら口座から引き出しし、それを別の口座に移して生活費にいれないようにするなど工夫しておくと学資保険はまかなえます。

 

そして仮に1万円を学資保険にして18年間払い続けたとすると、総額で216万円となります。
この金額で教育資金を賄えるかといったら、そうでもありません。

 

200万円だと大学の途中までしかまかなえない。だからこそプラスαでできる時に貯金

216万円という金額がどのくらいかというと、これは大学の入学金や授業料を納めるとすぐに消えてしまうお金です。

 

大学は国公立や私立などで授業料の差はありますが、50万円〜100万円近くが年間で消えていくからです。

 

216万円だと、国公立をギリギリ卒業できるぐらいなのです。

 

しかも下宿代がかかったり、留学となったら費用はかさみます。
また、大学に行くまでに高校の学費や塾などがかかりますし、浪人すれば教育費はかさむばかりです。

 

つまり、学資保険だけではまかないきれないということになります。

 

学資保険の積み立て金額が月に8000円ならば、児童手当てが1万円だとして2000円が残ります。
それも貯金にまわしたり、幼稚園の助成金なども貯金にまわしていくようなコツコツとした貯金が必要です。

 

パートに出るようになったら貯金を増やす、内職して貯金を作るなどしておくと、慌てずに済みます。
学資保険で毎月積み立てをしているから大丈夫!ではなくて、学資保険の積み立て金額は最低金額と考えておきましょう。

 

給料の1割を貯金に回すなど、できれば月に1万円以上の貯金があるのが理想です。

 

学資保険の積立金額の目安は毎月1万円ぐらい。

関連ページ

子供にかけるか検討すべき学資保険のメリット、注意点。
子供を妊娠したら決めなきゃいけないのが、子供の保険ですよね。ここでは人生の大きな出費となる教育費の保険について説明します。
学資保険は本当に必要か そのメリットは?
子供が生まれると、将来にかかる教育費用を見据えて教育費を貯蓄していかなければなりません。お給料が高くてお子様が進学する時に費用に困らないようなご家庭であれば良いのですが、そうでない場合には、何かしらの貯蓄方法を考えないといけません。
教育資金の積み立てにNISAが良い?
あなたが探している子供の学資保険 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
人気の学資保険の定義とは
あなたが探している子供の学資保険 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
学資保険は金融商品として優秀なのか?
お子様の教育費の積み立ての代名詞と言えば先ず最初に学資保険が連想されますが、しかし積み立てと言う意味で考えると、皆さまも良くご存知の銀行の定期預金や積み立て預金もありますし、投資信託や個人向け国債を購入することもできますので、特に学資保険じゃないといけない訳ではありません。 このように複数の方法があるのに、学資保険が有名なのは単に知名度だけなのでしょうか。
学資保険返戻率の比較
学資保険を検討する時にはほとんどの方が返戻率の高さで、どこの会社にするかを決めます。これは皆さまが将来のお子様にかかる入学金や教育費を満期に向けて貯蓄する時に、それまでに払った金額に返戻金が上積みされて返ってくるかと言う皆さまが一番興味を持つ部分にもなります。