子供にかけるか検討すべき学資保険のメリット、注意点。

子供にかけるか検討すべき学資保険のメリット、注意点。

子供を妊娠したら決めなきゃいけないのが、子供の保険ですよね。
ここでは人生の大きな出費となる教育費の保険について説明します。

 

学資保険は子供の教育費に当てる保険。児童手当てで積み立ても

子供が社会人になって稼ぐようになるまでに必要な金額は、子供1人につき1000万円以上も必要です。

 

それをコツコツと普通貯金で貯めていくのも良いのですが、学資保険を使って保険で貯めていくとメリットもでてきます。

 

「日々の生活に手いっぱいで、貯金のためにお金を捻出するなんてできない!」という人でも、よく言われているのが児童手当てを学資保険として貯めていくという方法です。

 

児童手当ては子供のためのお金なので、それを利用すると学資保険を貯めやすいでしょう。

 

普通預金と違うのは、万が一に強いところ

「学資保険も普通預金も貯蓄制ならば、銀行の貯金でお金を貯めてもいいはず。」

 

そういった考え方も正解ではありますが、それでも普通預金になくて、学資保険にあるメリットはあります。

 

それが万が一の時です。
普通預金の場合は、ただお金をATMに入金するだけです。

 

保険じゃないので、契約者については一切関知しません。
しかし学資保険の場合は、親が万が一に死亡したり、重度の障害があれば保険料が免除になります。

 

それが普通預金じゃなくて学資保険が選ばれる理由です。
親になにかあって貯金ができない場合に有利なのです。

 

医療保証つきなどのオプションはつけないで

学資保険を探していると、医療保険つきの商品などもあります。
これはすごく良さそうな保険に見えますが、実は考えようによっては無駄なオプションになります。

 

なぜなら、子供の医療費は自治体によって助成されている場合が多いからです。
どのぐらい助成されているかは自治体によりけりですが、どれだけ病院に通っても無料というケースも少なくありません。

 

そのため医療保険つきの学資保険にしても、医療費がかからないなら家計のダメージにならず、保険の意味を成さないのです。

 

子供が病院に通うから親が仕事に出勤できないなどのケースもあり、まったく医療保険つき学資保険が意味ないとは言い切れませんが、医療保険というオプションのために学資保険の返戻金が減ってしまっては学資保険の貯蓄という意味がなくなってしまいます。

 

つまり、医療保険というオプションつきの学資保険に入るなら、よーく検討しておくのが重要です。
学資保険は必ず将来のためになるので、よく選んで検討してくださいね。

 

子供にかけるか検討すべき学資保険のメリット、注意点。

関連ページ

学資保険の積立金額の目安は毎月1万円ぐらい。
「学資保険とはいうけれど、いったいどのくらいの金額を毎月貯めていけばいいのか?」「貯金ばかりが頭をよぎって、いくら貯めていけばいいか分からない…。」そんな疑問を持つなら、毎月の学資保険の積み立て金額の目安を知っておきましょう。
学資保険は本当に必要か そのメリットは?
子供が生まれると、将来にかかる教育費用を見据えて教育費を貯蓄していかなければなりません。お給料が高くてお子様が進学する時に費用に困らないようなご家庭であれば良いのですが、そうでない場合には、何かしらの貯蓄方法を考えないといけません。
教育資金の積み立てにNISAが良い?
あなたが探している子供の学資保険 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
人気の学資保険の定義とは
あなたが探している子供の学資保険 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
学資保険は金融商品として優秀なのか?
お子様の教育費の積み立ての代名詞と言えば先ず最初に学資保険が連想されますが、しかし積み立てと言う意味で考えると、皆さまも良くご存知の銀行の定期預金や積み立て預金もありますし、投資信託や個人向け国債を購入することもできますので、特に学資保険じゃないといけない訳ではありません。 このように複数の方法があるのに、学資保険が有名なのは単に知名度だけなのでしょうか。
学資保険返戻率の比較
学資保険を検討する時にはほとんどの方が返戻率の高さで、どこの会社にするかを決めます。これは皆さまが将来のお子様にかかる入学金や教育費を満期に向けて貯蓄する時に、それまでに払った金額に返戻金が上積みされて返ってくるかと言う皆さまが一番興味を持つ部分にもなります。