学資保険返戻率の比較

学資保険返戻率の比較

返戻率で選ぶ学資保険

学資保険を検討する時にはほとんどの方が返戻率の高さで、どこの会社にするかを決めます。

 

これは皆さまが将来のお子様にかかる入学金や教育費を満期に向けて貯蓄する時に、それまでに払った金額に返戻金が上積みされて返ってくるかと言う皆さまが一番興味を持つ部分にもなります。

 

各会社のプランによっては怪我に対する保険や医療保険や生命保険などが付いており、一見有利に見えますが、特にお子様の保険に関して言えば、実は目的を特化して学資保険を選んだ方が保険料は安くなります。

 

また医療保険については各都道府県で児童医療などの補助がある場合が多いですので、不要となる場合が多いのです。

 

なのでそれでも、もしものために備えたいと言うのであれば、高いプランでなくても月額1,000円でも割戻金がある共済保険に入っておけば大丈夫なのです。

 

ですので学資保険に加入する本来の目的がお子様のための貯蓄と決めているのであれば、色々な特典を付けると最悪の場合には元本割れをしていましたすので、返戻率が高い会社のプランを選ばないといけません。

 

また返戻率は保険会社によって異なりますが、高い会社であれば110%を超える返戻率のところもあります。
ですので検討段階のうちに各社の返戻率の情報をチェックするように致しましょう。

 

返戻率が高い学資保険

ここで皆さまがどの保険会社が良いかを検討する際のお役立ちになるように返戻率が高い学資保険をいくつかご紹介させていただきます。

 

先ずは明治安田生命の『積み立て学資』です。
この商品は15歳払い済みで返戻率が112%、10歳払い済みで116.7%になっています。

 

早期に払ってしまえば高い返戻率を得ることができます。

 

また条件としては15歳払い済みで21歳満期、契約金額は200万円で月額は9,876円です。

 

次にご紹介をするのはソニー生命の学資保険です。

 

この商品は2016年になって再発売をした大学にかかる学費のための商品になりまして、通常の返戻率は110.3%なのですが、10歳払い済みだと返戻率が115.9%になります。

 

ちなみに支払い方法を年払いにすると、明治安田生命のつみたて学資を超える返戻率になります

 

また満期は22歳となっており、契約金額は200万円月額は8,392円となります。

 

 

最後にもう一社ご紹介をさせていただきますのが、フコク生命の『みらいのつばさジャンプ型』です。
返戻率は110.1%で他社と違って兄弟割引があるので有名になっているのです。

 

ちなみに兄弟がいない方でも単独でも高い返戻率になっています。
また条件としては満期が22歳で契約金額が200万円、月額が8,897円となっています。

 

このように満期や契約金額、月額によっても変わりますが、返戻率をメインとした、皆さまにとって都合の良い学資保険をお選びいただければと思います。

 

学資保険返戻率の比較

関連ページ

学資保険の積立金額の目安は毎月1万円ぐらい。
「学資保険とはいうけれど、いったいどのくらいの金額を毎月貯めていけばいいのか?」「貯金ばかりが頭をよぎって、いくら貯めていけばいいか分からない…。」そんな疑問を持つなら、毎月の学資保険の積み立て金額の目安を知っておきましょう。
子供にかけるか検討すべき学資保険のメリット、注意点。
子供を妊娠したら決めなきゃいけないのが、子供の保険ですよね。ここでは人生の大きな出費となる教育費の保険について説明します。
学資保険は本当に必要か そのメリットは?
子供が生まれると、将来にかかる教育費用を見据えて教育費を貯蓄していかなければなりません。お給料が高くてお子様が進学する時に費用に困らないようなご家庭であれば良いのですが、そうでない場合には、何かしらの貯蓄方法を考えないといけません。
教育資金の積み立てにNISAが良い?
あなたが探している子供の学資保険 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
人気の学資保険の定義とは
あなたが探している子供の学資保険 保険のビュッフェ 保険無料見積もりの今話題になっている情報をキッチリと解説している専門サイトです。加えて、知って得する保険見直し 保険のビュッフェ 保険無料見積もりのオリジナル情報も盛り沢山です。これからすぐご覧ください。
学資保険は金融商品として優秀なのか?
お子様の教育費の積み立ての代名詞と言えば先ず最初に学資保険が連想されますが、しかし積み立てと言う意味で考えると、皆さまも良くご存知の銀行の定期預金や積み立て預金もありますし、投資信託や個人向け国債を購入することもできますので、特に学資保険じゃないといけない訳ではありません。 このように複数の方法があるのに、学資保険が有名なのは単に知名度だけなのでしょうか。