学資保険に医療保険を追加するか、共済や民間の医療保険で備えるか?

学資保険に医療保険を追加するか、共済や民間の医療保険で備えるか?

学資保険と共に親が子供につけるのを考えるのが医療保険ですよね。

 

学資保険のオプションとして医療保険をつけていくか、それとも学資保険はそれだけにして医療保険は民間の生命保険や共済保険を使ってやりくりしていくのか?考えていきましょう。

 

生命保険は全くいらないという考え方

子供には小児医療制度といって、医療費の免除が自治体によって決められています。

 

通院だけ免除される、通院も入院も免除、ある一定期間の通院を越えたら少し親が負担するものなど…。

 

自治体によって決まりがありますが、子供の医療費というのは大部分が小児医療制度によってまかなえています。

 

そのため、子供の医療費で家計を圧迫するというのはあまりありません。
しかし子供が病気になった場合、親は仕事を休んで子供に付き添ったり、通院するために交通費が必要になる場合もあります。

 

だから医療費でそういった費用をまかなうという考え方もあります。

 

子供の医療費はかからないから医療保険はいらないというのが一般的ですが、両親が共働きで一人でも収入が減り家計を直撃するというなら、子供の医療保険を入るのを検討してもいいのではと思います。

 

学資保険にオプションでつけるよりも、別に医療保険をつけた方がいい

では医療保険が欲しいとなったら、学資保険でオプションとしてつけるのか、それとも学資保険とは別に医療保険に加入するべきか?
個人の考え方や保険の内容や金額にもよりますが、できるなら学資保険とは別に医療保険に加入した方がいいと言えます。

 

なぜなら、学資保険は貯蓄性が高いもの、医療保険は貯蓄じゃなくて掛け捨てだからです。

 

貯蓄のために始めた学資保険に医療保険をつけた場合、学資保険で受けとる金額が目減りしてしまいます。
そうなると、なんのための保険か分からなくなってしまいます。

 

学資保険で貯金、医療保険は共済や生命保険でまかなうとすれば、学資保険の良さを最大に引き出す事ができます。

 

そして、医療保険は医療保険で考えればそれだけ万が一の時にきちんと保証がでます。だから学資保険と医療保険は別に考えた方が良いのです。

 

 

子供の医療保険は一般的にはいらないけれど、子供が万が一の時に親が困るというならば加入した方がいいでしょう。

 

親が会社を休めなくて、病児保育や誰か地域のサポートを受けるとなると費用が高くなる場合もあります。

 

そういった費用をまかなうために、医療保険は学資保険とは別に加入しましょう。

 

学資保険に医療保険を追加するか、共済や民間の医療保険で備えるか?

関連ページ

『子供の医療費が家計に負担をもたらすことはある?』
子供の医療費の助成は様々で、0歳から大学卒業まで、医療費助成が認められる自治体。先払いし、申請すると戻る仕組みになっている自治体。その際申請するのに負担額が数百円かかるところがあるようです。
学資保険より低解約返戻金型保険の方がお得か?
お子様の将来の教育費の貯蓄となると、まず最初に学資保険を検討するご家庭の方が多いかと思いますが、これはどうしても一般的な知名度から来る理由が多いのだと思います。
子供が起こすトラブル対策に個人賠償責任保険
子供が保険に入ると言うと、その必要性に対して各家庭の意見は賛否両論に分かれると思います。一般的に教育費の積立は各金融機関のプランでもカバーすることが可能ですし、医療保障についても共済でまかなえることもあります。
学資保険とは?保険金給付と返戻率の仕組み
学資保険とは、どのよう仕組みかをご存知ありますでしょうか。学資保険とはメインとして将来にかかるとされる、お子様の教育費を貯蓄することを目的とした保険の商品のことです。ですので保険の満期を15才、17才、18才、22才などに設定をして、その間に毎月貯蓄をしてきた保険料を、満期の保険金として受け取ることができるのです。そうすると通常の銀行の定期預金と同じではないかと思ってしまいますが、そもそも学資保険と言う名前が使用されているのは、銀行の定期預金とは異なる保障があるからなのです。