学資保険とは?保険金給付と返戻率の仕組み

学資保険とは?保険金給付と返戻率の仕組み

学資保険とは?

学資保険とは、どのよう仕組みかをご存知ありますでしょうか。
学資保険とはメインとして将来にかかるとされる、お子様の教育費を貯蓄することを目的とした保険の商品のことです。

 

ですので保険の満期を15才、17才、18才、22才などに設定をして、その間に毎月貯蓄をしてきた保険料を、満期の保険金として受け取ることができるのです。

 

そうすると通常の銀行の定期預金と同じではないかと思ってしまいますが、そもそも学資保険と言う名前が使用されているのは、銀行の定期預金とは異なる保障があるからなのです。

 

例えば学資保険の契約中にもしも契約者が死亡をしてしまったり、高度障害になってしまった時にはそれ以降は保険料の払い込みが免除になりますが、満期の保険金は満額を受け取ることができるのです。

 

このように学資保険には通常の金融機関ではない、特別な保証が付いていることがメリットとなるのです。

 

保険金給付の仕組みと返戻率の仕組み

まず保険金給付の仕組みについてですが、大きく分けると、祝金と呼ばれる少額を何回かに分けてこまめに受け取るのか一気に受け取るのかと言うことを契約時に決める形になります。

 

またお子様の成長プランによって一概にどちらが良いと言うことは言えませんが、何回かに分割をして受け取る方が一回にまとめてもらう方よりも保険料がアップする仕組みとなっていますので、たくさんの満期保険金として返って来ることになるのです。

 

具体的に言いますと小学校、中学校、高校は公立の学校に入学をさせれば私立に比べてお金はかかりませんので、分割をして少額を受け取るよりも大学に入る時に一気にもらった方が合理的な仕組みになりますが、でも私立に入学させたいと考えているのであれば、祝い金をこまめに受け取った方が家計的には助かるでしょう。

 

返戻率について

契約をしようとしている学資保険の評価基準ともなるものに返戻率と言うものがあります。

 

これはどのようなことなのかと言いますと、本来学資保険と言うのは本来の目的は子供の将来の教育費を積み立てることが目的になりますので、皆さまの馴染みが深い内容で言いますと、銀行の預金の金利が高いか低いかと言うことになるのです。

 

要するに受領する時にに払った保険金の元本に対してどのくらいプラスになって返ってくるか?
このプラス分の割合を返戻率と言うのです。

 

ですので返戻率が高ければ高いほど良い保険ということになるのです。

 

また返戻率は学資保険を契約する前に保険会社が提示をしてくれますが、計算の仕組みについては皆さまでも簡単に計算することができるのです。

 

その仕組みとは祝金を含んだ満期保険金÷保険金の総額×100になります。ですので例えば受領した保険金の総額が400万円だったとします。

 

そして払った保険金が380万円だとすると、400万円÷380万円×100をすると答えは『105』になります。
小数点以下は省きますので、返戻率は105%になります。

 

この仕組みを知っておくと色々なシミュレーションが出来るようになりますので、なるべく高い返戻率の学資保険を選べるようにしてみましょう。

 

学資保険とは?保険金給付と返戻率の仕組み

関連ページ

『子供の医療費が家計に負担をもたらすことはある?』
子供の医療費の助成は様々で、0歳から大学卒業まで、医療費助成が認められる自治体。先払いし、申請すると戻る仕組みになっている自治体。その際申請するのに負担額が数百円かかるところがあるようです。
学資保険より低解約返戻金型保険の方がお得か?
お子様の将来の教育費の貯蓄となると、まず最初に学資保険を検討するご家庭の方が多いかと思いますが、これはどうしても一般的な知名度から来る理由が多いのだと思います。
学資保険に医療保険を追加するか、共済や民間の医療保険で備えるか?
学資保険と共に親が子供につけるのを考えるのが医療保険ですよね。学資保険のオプションとして医療保険をつけていくか、それとも学資保険はそれだけにして医療保険は民間の生命保険や共済保険を使ってやりくりしていくのか?考えていきましょう。
子供が起こすトラブル対策に個人賠償責任保険
子供が保険に入ると言うと、その必要性に対して各家庭の意見は賛否両論に分かれると思います。一般的に教育費の積立は各金融機関のプランでもカバーすることが可能ですし、医療保障についても共済でまかなえることもあります。