学資保険の名義はどちらでかけるべき?離婚したらどうなる?

学資保険の名義はどちらでかけるべき?離婚したらどうなる?

学資保険の名義について

学資保険を契約をする際の名義についてのお話をさせていただきます。

 

学資保険の契約に必要な名義は契約者と被契約者が必要です。
そして被契約者は必然的に子供になりますが、契約者については父親にするか母親にするかどちらにしたら良いのかを迷ってしまいます。

 

そんな時のヒントと致しましては、一般的に女性の方が男性に比べて保険料が安く設定をされていますので、母親が契約した方が得にはなるのですが、でも家庭全体的な収入的に見ると、一家の大黒柱は男性になるのであれば父親を名義に契約をした方が無難でしょう。

 

それはどうしてかと言いますと、学資保険の特約といたしまして、契約者に高度障害が生じたり死亡してしまった場合には、保険料の支払いが免除されるものがありますので、もしも契約者を母親にした時には、万が一父親に何かがあった場合には学資保険から何も保障を受けることができなくなってしまいます。

 

また、一家の大黒柱の収入が減ってしまうことで、保険料が払えなくなってしまっ最悪の場合には解約しなければならなくなってしまうリスクを考えると、やはり父親を学資保険の名義にした方が良いとも言えるでしょう。

 

離婚してしまった時の学資保険の行方

今の時代は3組に1組は離婚をしてしまう時代ですので、もしそうなった場合に学資保険の分与はどうなるのかと言うことも知っておいた方が良いでしょう。

 

離婚をすると財産分与があるために、学資保険の行方が複雑になってしまう場合があります。

 

財産分与とはそれまでに夫婦間で築いた財産を分ける作業のことなのですが、学資保険もそう言う意味では、将来のために備えた貯蓄となりますのでちゃんとした財産になるのです。

 

ですので、離婚をした場合に注意をしなければならないことといたしましては、たとえば母親が子供の親権者になった場合に、もし元々学資保険の名義が最初から母親でしたら、その後も何の問題もありませんがそうではなく、もしも契約者名義が父親であった場合には、離婚をしたからと言って保険会社ではいちいち各家庭の事情は把握をしておりませんし、ましてやどちらが親権者になったかと言うことも分かりません。

 

なので契約者名義が父親であった場合には離婚をして、例え母親に親権が移ったとしても、そのまま父親名義となりますので支払いや保障は全て父親になってしまいます。

 

ですので協議離婚の上で最終的に喧嘩別れになってしまった場合には、最悪すぐに引き出されてしまって今まで払い込んだ分が元旦那さまに使われてしまうと言う場合もありますので、できるだけ離婚協議の段階で学資保険の名義についてもしっかりと話し合いをして、親権者の方に変えるべきなのであれば早めに変更をしておいた方が良いでしょう。

 

学資保険の名義はどちらでかけるべき?離婚したらどうなる?

 

関連ページ

学資保険の堅い選び方とは?
ご家庭で子供が大きくなった時に進学のための費用で困らないように学資保険に入ろうと決めたら具体的にどこの会社にしようかとか、どのようなプランにしようかと言うことを決めなければなりません
こども保険と学資保険は何が違うのか?
こども保険と学資保険と言う言葉を聞いたことがあるかと思いますが、この2つの保険について具体的にはどのような概要で違いは何なのかと言うことについて把握をしきれていないと言う方もいらっしゃるかと思います。
学資保険に加入する目的を明確にして選ぶ
そもそもあなたが学資保険に入ろうとする目的はどのようなものになるのでしょうか。現在学資保険は保険会社や金融機関を始めとした色々なプランを選択できるようになっていたり、また要望をすれば付帯サービスも付けられるようになっています。
学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と支払いのタイミング
学資保険の意味合いは知っていても実際にいつ入ったら良いのか?満期を大学受験をターゲットにしているのであれば子供が産まれたからと行って直ぐに加入をしなくても良いのか、その辺りのタイミングについてお話をさせていただきます。
学資保険にかける保険料の相場と月額平均費用とは
子供の将来を考えてお子様が産まれた後、若しくは昨今では出産前から学資保険に契約することができます。ただいったい満期までに何処くらいの保険料を考えたら良いのか、またその時の月額はどのくらいの支払いになるのかが実際問題として気になるところです。
学資保険の元本割れリスクとは?
よく『元本割れ』と言う言葉を聞くことがありますが、いったい元本割れとはどのような状態のことを言うのでしょうか。例えば総支払額が270万円の学資保険で、もともと満期になると430万円になると言う話で加入したのですが、満期になると260万円しか受取額がなかったと言うケースがあります。
子供が産まれた時に親が考える保険とは?
子供が産まれると、生活が変化すると同時に、将来の不安も出てくると思います。金銭面でも将来どれくらい子供にかかるのか、悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、どんな種類の保険があるのかを知り、保険の特徴を知ることで、将来への不安を少しでも解消できたらと思います。
学資保険が実質無料?賢い無料相談の活用法
子どもの将来の教育に関するお金は、かなりのまとまった額が必要となります。幼稚園から大学卒業までのトータルの出費額をご存知ですか?あなたのお子様が将来かかる学費です。実は、1000万円〜2500万円となります。金額に幅あるのは、将来、大学へ進学した際など、私立なのか国公立なのかで金額が変わります。