学資保険に加入する目的を明確にして選ぶ

学資保険に加入する目的を明確にして選ぶ

学資保険に入る目的を考える

そもそもあなたが学資保険に入ろうとする目的はどのようなものになるのでしょうか。

 

現在学資保険は保険会社や金融機関を始めとした色々なプランを選択できるようになっていたり、また要望をすれば付帯サービスも付けられるようになっています。

 

ですのでもしも契約者である親に何かがあった場合を考えると色々なプランも検討した方が良いのかも知れませんが、でもそうすると学資保険本来の目的を見失ってしまうことがありますので気をつけなければいけません。

 

ちなみに学資保険の機能の中で教育資金の貯蓄は必須で付いてきますがその他には子供の医療保証、子供の災害保証、子供の障害保証、親の死亡保険があります。

 

なので色々と気持ちが揺らいでしまう前に、まずは学資保険のパンフレットをよく読んだり、説明をじっくりと聞きながら何を目的にするかを考えた方が良いでしょう。

 

もし学費の貯蓄だけを目的とするのであればつい付帯サービスの説明を受けたからと言って押しに負けて契約をしてしまうとお金がもったいないことにもなりますので、契約の前に学資保険に加入する目的を明確にしましょう。

 

教育資金の貯蓄プランについて

学資保険の本来の目的である教育資金の貯蓄についても満期金保険金のみを受け取るタイプと成長過程の間に祝金が出るタイプがあります。

 

ちなみに祝金のシステムとはどのような内容かと言いますと、満期保険金の一部が先に支払われている感じになりますので祝金を付けることで少し返戻率が下がってしまいます。

 

しかし基本的に祝金は自由に引き出すことができるお金になりますし、また途中で受け取らずに満期までプールしておくことで利息付きでまとめて受け取ることが可能となります。

 

なお、現在は祝金付きの学資保険が支流となっておりますので特に大幅な返戻率が下がることがありませんので目的に応じて選択することができます。

 

学資保険が不要な方たちについて

前項で学資保険に入る一番の目的は将来におけるお子様の教育費であることをお話しさせていただきましたが、だからと言って子供が産まれたからと言って世の中の親御様全員が学資保険に入る必要性がある訳ではありません。

 

それはどう言うことかと申しますと、収入が十分にある方はわざわざ学資保険に入らずに銀行貯蓄をした方が保険料を払う必要がありませんし、更に育英保障のように親に何かがあった時のことを考えるのであれば通常の生命保険でプランを立てた方が賢明だと言えるでしょう。

 

ですので皆さまの家計をもう一度見直して学資保険に入ることが目的になっていないかを今一度確かめて見ましょう。

 

学資保険に加入する目的を明確にして選ぶ

関連ページ

学資保険の堅い選び方とは?
ご家庭で子供が大きくなった時に進学のための費用で困らないように学資保険に入ろうと決めたら具体的にどこの会社にしようかとか、どのようなプランにしようかと言うことを決めなければなりません
学資保険の名義はどちらでかけるべき?離婚したらどうなる?
学資保険を契約をする際の名義についてのお話をさせていただきます。学資保険の契約に必要な名義は契約者と被契約者が必要です。
こども保険と学資保険は何が違うのか?
こども保険と学資保険と言う言葉を聞いたことがあるかと思いますが、この2つの保険について具体的にはどのような概要で違いは何なのかと言うことについて把握をしきれていないと言う方もいらっしゃるかと思います。
学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と支払いのタイミング
学資保険の意味合いは知っていても実際にいつ入ったら良いのか?満期を大学受験をターゲットにしているのであれば子供が産まれたからと行って直ぐに加入をしなくても良いのか、その辺りのタイミングについてお話をさせていただきます。
学資保険にかける保険料の相場と月額平均費用とは
子供の将来を考えてお子様が産まれた後、若しくは昨今では出産前から学資保険に契約することができます。ただいったい満期までに何処くらいの保険料を考えたら良いのか、またその時の月額はどのくらいの支払いになるのかが実際問題として気になるところです。
学資保険の元本割れリスクとは?
よく『元本割れ』と言う言葉を聞くことがありますが、いったい元本割れとはどのような状態のことを言うのでしょうか。例えば総支払額が270万円の学資保険で、もともと満期になると430万円になると言う話で加入したのですが、満期になると260万円しか受取額がなかったと言うケースがあります。
子供が産まれた時に親が考える保険とは?
子供が産まれると、生活が変化すると同時に、将来の不安も出てくると思います。金銭面でも将来どれくらい子供にかかるのか、悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、どんな種類の保険があるのかを知り、保険の特徴を知ることで、将来への不安を少しでも解消できたらと思います。
学資保険が実質無料?賢い無料相談の活用法
子どもの将来の教育に関するお金は、かなりのまとまった額が必要となります。幼稚園から大学卒業までのトータルの出費額をご存知ですか?あなたのお子様が将来かかる学費です。実は、1000万円〜2500万円となります。金額に幅あるのは、将来、大学へ進学した際など、私立なのか国公立なのかで金額が変わります。