学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と支払いのタイミング

学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と支払いのタイミング

学資保険のベストな加入タイミング

学資保険の意味合いは知っていても実際にいつ入ったら良いのか?
満期を大学受験をターゲットにしているのであれば子供が産まれたからと行って直ぐに加入をしなくても良いのか、その辺りのタイミングについてお話をさせていただきます。

 

学資保険の保険料は生命保険と同様にいくつかの条件によって決定しますが、やはりご夫婦共々若い年齢の方が保険料が安いと言うことになります。

 

分かりやすくご説明をさせていただきますと、例えばお子様が18際になるまでに300万円貯蓄をするとしたらお子様が0歳の時に契約をした方が5歳の時に加入をするよりも期間が長いので負担が少なくなります。

 

ですので加入タイミングは早ければ早い方が良いと言うことになるのです。

 

さらにご家庭の負担を軽減させるために、現在では妊娠中である出産前140日前から学資保険に加入することができるのです。

 

まだ産まれていない時から気が早いと思ってしまいますが、妊婦さんからしてみると出産後のバタバタした時期とよりも安定期の方がまだお仕事もできますし、余裕があると言うのが現実になるのです。

 

ですので必要であれば加入タイミングは出産前に早めることも可能なのです。

 

学資保険の給付タイミングについて

次にお話をさせていただきますのは、学資保険を受け取るタイミングや方法についてです。

 

これには大きく分けますと2つの方法がありまして、1つは入園や入学など子供の成長時に合わせてこまかく分けて祝金と学資金を受け取る方法、そしてもう一つは一番お金が掛かる大学の入学時期などに合わせて一気にまとめた学資金を受け取る方法になります。

 

各ご家庭によってどちらが正しいと言う正解はないのですが、返戻率で決めるとするのであれば何回かにまとめて受け取るよりも一気にまとめて受け取った方が返戻率はアップします。

 

ただし複数回受け取るプランを選択したからと言って、絶対に不利になると言うことでもありません。

 

例えば祝金は普段地方自治体から受け取っている子ども手当の貯蓄などで賄えるとするならば次回の受け取り時まで据え置くこともできますので、仮にそうすると返戻率が上昇します。

 

また私立中学や私立高校を受験しようとするお子様がいらっしゃる場合には複数回のプランを選択された方が良いという場合もあります。

 

いずれにせよ、学資保険の加入タイミングは早い方がベストだと言うことと、受け取りのタイミングはお子様の将来を見据えて一気にまとめて受け取るか複数回に分けて受け取るかを話しあって決定されると良いでしょう。

 

但しまだお子様が小さいうちは国立大学に進学させるか私立高校、中学に進学させるかが分からないと言う場合には後者の小まめに受け取るプランを選択し、きちんと貯蓄しておく方が賢明だと言えます。

 

学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と支払いのタイミング

関連ページ

学資保険の堅い選び方とは?
ご家庭で子供が大きくなった時に進学のための費用で困らないように学資保険に入ろうと決めたら具体的にどこの会社にしようかとか、どのようなプランにしようかと言うことを決めなければなりません
学資保険の名義はどちらでかけるべき?離婚したらどうなる?
学資保険を契約をする際の名義についてのお話をさせていただきます。学資保険の契約に必要な名義は契約者と被契約者が必要です。
こども保険と学資保険は何が違うのか?
こども保険と学資保険と言う言葉を聞いたことがあるかと思いますが、この2つの保険について具体的にはどのような概要で違いは何なのかと言うことについて把握をしきれていないと言う方もいらっしゃるかと思います。
学資保険に加入する目的を明確にして選ぶ
そもそもあなたが学資保険に入ろうとする目的はどのようなものになるのでしょうか。現在学資保険は保険会社や金融機関を始めとした色々なプランを選択できるようになっていたり、また要望をすれば付帯サービスも付けられるようになっています。
学資保険にかける保険料の相場と月額平均費用とは
子供の将来を考えてお子様が産まれた後、若しくは昨今では出産前から学資保険に契約することができます。ただいったい満期までに何処くらいの保険料を考えたら良いのか、またその時の月額はどのくらいの支払いになるのかが実際問題として気になるところです。
学資保険の元本割れリスクとは?
よく『元本割れ』と言う言葉を聞くことがありますが、いったい元本割れとはどのような状態のことを言うのでしょうか。例えば総支払額が270万円の学資保険で、もともと満期になると430万円になると言う話で加入したのですが、満期になると260万円しか受取額がなかったと言うケースがあります。
子供が産まれた時に親が考える保険とは?
子供が産まれると、生活が変化すると同時に、将来の不安も出てくると思います。金銭面でも将来どれくらい子供にかかるのか、悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、どんな種類の保険があるのかを知り、保険の特徴を知ることで、将来への不安を少しでも解消できたらと思います。
学資保険が実質無料?賢い無料相談の活用法
子どもの将来の教育に関するお金は、かなりのまとまった額が必要となります。幼稚園から大学卒業までのトータルの出費額をご存知ですか?あなたのお子様が将来かかる学費です。実は、1000万円〜2500万円となります。金額に幅あるのは、将来、大学へ進学した際など、私立なのか国公立なのかで金額が変わります。