子供が産まれた時に親が考える保険とは?

子供が産まれた時に親が考える保険とは?

子供が産まれると、生活が変化すると同時に、将来の不安も出てくると思います。

 

金銭面でも将来どれくらい子供にかかるのか、悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、どんな種類の保険があるのかを知り、保険の特徴を知ることで、将来への不安を少しでも解消できたらと思います。

 

保険の種類として、学資保険、医療保険、生命保険、傷害保険、総合保険、海外旅行保険、積み立て保険、自動車保険があります。

 

簡単に大きく2つに分けると、学資保険と子供保険(学資保険以外の保険)に分類されます。
学資保険と子供保険の違いについて説明します。

 

学資保険は、教育資金を積み立てることを主な目的とし、万が一子供が死亡した場合や子供が病気やケガの時に、医療費を確保するための保険です。
子供保険は、主に子供の医療保障に重点を置き、教育のための資金に備える保険です。

 

主とする目的は違いますが、どちらも教育資金を備えるという点では同じなので、同じように分類にしている保険会社もあります。

 

では、学資保険と子供保険に加入する際の考え方とメリット・デメリットを説明していきたいと思います。

 

まず、学資保険も子供保険も絶対に加入しないといけないわけではありません。
しかし、国立の大学を受けるまでに約1000万以上の教育資金がかかります。

 

そのため、長期間の蓄えが必要になってくるので、貯蓄が苦手な方や不安がある方は、学資保険の加入をおすすめします。

 

学資保険のメリットとしては、生命保険会社が販売している商品のほとんどに生命保険機能があり、契約者である親に何かあった場合に、保険料が免除されます。

 

また、学資保険は生命保険にあたるため、サラリーマンは年末調整時に、自営業の方は確定申告時に生命保険控除証明書を提出することで、所得税と所得税が控除されます。

 

デメリットとしては長期間の貯蓄として拘束されるため、契約満期まで貰えないこと、インフレの影響で市場の金利が上昇してしまうと不利益となってしまう場合があります。

 

次に、子供保険(生命保険)に関しては、経済的損失を補填するような役割となります。
ただ、子供のうちは医療補助制度もあるため、通院やケガをした場合でも、そこまで大きな損失にはならないと思われます。

 

メリットとしては、健康なうちに割安な保険料負担で加入でき、成人後も十分な保障に加入すると、子供が成人した際に契約者を親から子に名義変更することで、財産を子供に分与することができます。

 

デメリットとしては、入院やケガなどでも、医療費助制度が十分に備わっている地域では給付金が必要のない場合が多いです。

 

これらのことにより、子供の保険について少しでも悩みが解決できれば幸いです。

 

子供が産まれた時に親が考える保険とは?

関連ページ

学資保険の堅い選び方とは?
ご家庭で子供が大きくなった時に進学のための費用で困らないように学資保険に入ろうと決めたら具体的にどこの会社にしようかとか、どのようなプランにしようかと言うことを決めなければなりません
学資保険の名義はどちらでかけるべき?離婚したらどうなる?
学資保険を契約をする際の名義についてのお話をさせていただきます。学資保険の契約に必要な名義は契約者と被契約者が必要です。
こども保険と学資保険は何が違うのか?
こども保険と学資保険と言う言葉を聞いたことがあるかと思いますが、この2つの保険について具体的にはどのような概要で違いは何なのかと言うことについて把握をしきれていないと言う方もいらっしゃるかと思います。
学資保険に加入する目的を明確にして選ぶ
そもそもあなたが学資保険に入ろうとする目的はどのようなものになるのでしょうか。現在学資保険は保険会社や金融機関を始めとした色々なプランを選択できるようになっていたり、また要望をすれば付帯サービスも付けられるようになっています。
学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と支払いのタイミング
学資保険の意味合いは知っていても実際にいつ入ったら良いのか?満期を大学受験をターゲットにしているのであれば子供が産まれたからと行って直ぐに加入をしなくても良いのか、その辺りのタイミングについてお話をさせていただきます。
学資保険にかける保険料の相場と月額平均費用とは
子供の将来を考えてお子様が産まれた後、若しくは昨今では出産前から学資保険に契約することができます。ただいったい満期までに何処くらいの保険料を考えたら良いのか、またその時の月額はどのくらいの支払いになるのかが実際問題として気になるところです。
学資保険の元本割れリスクとは?
よく『元本割れ』と言う言葉を聞くことがありますが、いったい元本割れとはどのような状態のことを言うのでしょうか。例えば総支払額が270万円の学資保険で、もともと満期になると430万円になると言う話で加入したのですが、満期になると260万円しか受取額がなかったと言うケースがあります。
学資保険が実質無料?賢い無料相談の活用法
子どもの将来の教育に関するお金は、かなりのまとまった額が必要となります。幼稚園から大学卒業までのトータルの出費額をご存知ですか?あなたのお子様が将来かかる学費です。実は、1000万円〜2500万円となります。金額に幅あるのは、将来、大学へ進学した際など、私立なのか国公立なのかで金額が変わります。