学資保険が実質無料?賢い無料相談の活用法

学資保険が実質無料?賢い無料相談の活用法

子どもの将来の教育に関するお金は、かなりのまとまった額が必要となります。
幼稚園から大学卒業までのトータルの出費額をご存知ですか?

 

あなたのお子様が将来かかる学費です。
実は、1000万円〜2500万円となります。

 

金額に幅あるのは、将来、大学へ進学した際など、私立なのか国公立なのかで金額が変わります。
ですが、一軒家やマンションなどの高額商品を購入するくらい高いのは事実です。

 

あなたが、もし将来にわたって子どもの教育資金を貯蓄していこうと考えていいるのなら、学資保険はオススメです。

 

たとえば、教育資金を全く貯蓄できていなかったり、もしくは自分自身でしっかりと貯蓄できないのなら、この学資保険をすることで、将来のあなたと、そしてお子様が安心して教育の事で苦労することなく過ごせるからです。

 

学資保険のメリットとは

まず第一に、貯蓄性に優れています。
保険商品にもよりますが、月々払う保険料よりも、実際に満期でもらえる払戻金は、実は、総額が多くもらえます。

 

第二に、学資保険は強制力のある保険ですので、途中で引き落とすような銀行とは違い、しっかりと保険料を払い続ける事ができます。
確実にお金をためる事ができます。

 

第三に、ほとんどの商品が生命保険機能つきですので、万が一、保護者に何かがあって、支払いが出来ない場合でも、将来あなたのお子様に、しっかりと満期に全額支払われるのが優れた特徴です。

 

第四に、生命保険機能つきなので、生命保険料控除の対象になります。
控除額がそのまま支払われるのではありませんが、お金が戻ってきます。

 

学資保険のデメリットは

長期期間にわたって支払うものなので、途中で解約が難しくなります。
だから、換金性が低いのがデメリットでしょう。

 

しっかりとした計画性をもって、必ず満期まで払う意思とある程度の経済力が必要です。
また、インフレに弱いのが特徴です。

 

たとえば、今後ずっと低金利ということはなかなか予測が難しく、もし、10年以上の支払い期間中に金利が上昇すると、不利になります。
そして最後に、学資保険において、元割れ商品を選ぶと、大変な事になります。

 

満期に支払った額の合計が、実際に支払った総額よりも低いという状況が元本割れです。
この元本割れの特徴としては、その学資保険に特約のプランがついたものが多いです。

 

「シンプル」な契約の学資保険を選ぶのが、理想でしょう。
学資保険を検討しているあなたも、すでに加入しているあなたも、ここで重要なのが、シンプルな保険かどうか、と、払い戻し率がどのくらいかです。

 

学資保険は無料相談から始めましょう。

重要になってくるのが、どの商品がいいのかを選別することです。

 

しかし、学資保険の大まかな概略を知ったとしても、実際のところ、リスクを負いたくないですし、払い戻し率といわれても、その複雑な計算方法を学ぶことや、計算する事が面倒だと思います。
だから、保険相談です。

 

学資保険は無料で相談に乗り、あなたのライフプランにそって、どこに保険を使っていきたいのか。
そして、リスクを無くす方法や、その他多くの知識や知恵を与えてくれる素晴らしいプロのいる保険相談を利用しましょう。

 

無料の相談といっても、実は、その中身は素晴らしいです。
今の経済状況から、人生設計、そして教育プランなどに至るまで懇切丁寧に対応してくれます。

 

無料相談の活用法は、ずばり、あなたの経済状況や未来のライフプランを、まずは知るために活用してみてください。

 

正直な所、あなたのように多くの人が、未来予測をしっかりと数値で出すことなく、ただ闇雲に生活しているのがほとんどです。
だから、まずは、あなたの今を、しっかりと計測し、その上で、学資保険を検討してみてはいかがでしょうか。

 

まずは無料の保険相談を受けましょう。

 

学資保険が実質無料?賢い無料相談の活用法

関連ページ

学資保険の堅い選び方とは?
ご家庭で子供が大きくなった時に進学のための費用で困らないように学資保険に入ろうと決めたら具体的にどこの会社にしようかとか、どのようなプランにしようかと言うことを決めなければなりません
学資保険の名義はどちらでかけるべき?離婚したらどうなる?
学資保険を契約をする際の名義についてのお話をさせていただきます。学資保険の契約に必要な名義は契約者と被契約者が必要です。
こども保険と学資保険は何が違うのか?
こども保険と学資保険と言う言葉を聞いたことがあるかと思いますが、この2つの保険について具体的にはどのような概要で違いは何なのかと言うことについて把握をしきれていないと言う方もいらっしゃるかと思います。
学資保険に加入する目的を明確にして選ぶ
そもそもあなたが学資保険に入ろうとする目的はどのようなものになるのでしょうか。現在学資保険は保険会社や金融機関を始めとした色々なプランを選択できるようになっていたり、また要望をすれば付帯サービスも付けられるようになっています。
学資保険はいつから入る?ベストな加入時期と支払いのタイミング
学資保険の意味合いは知っていても実際にいつ入ったら良いのか?満期を大学受験をターゲットにしているのであれば子供が産まれたからと行って直ぐに加入をしなくても良いのか、その辺りのタイミングについてお話をさせていただきます。
学資保険にかける保険料の相場と月額平均費用とは
子供の将来を考えてお子様が産まれた後、若しくは昨今では出産前から学資保険に契約することができます。ただいったい満期までに何処くらいの保険料を考えたら良いのか、またその時の月額はどのくらいの支払いになるのかが実際問題として気になるところです。
学資保険の元本割れリスクとは?
よく『元本割れ』と言う言葉を聞くことがありますが、いったい元本割れとはどのような状態のことを言うのでしょうか。例えば総支払額が270万円の学資保険で、もともと満期になると430万円になると言う話で加入したのですが、満期になると260万円しか受取額がなかったと言うケースがあります。
子供が産まれた時に親が考える保険とは?
子供が産まれると、生活が変化すると同時に、将来の不安も出てくると思います。金銭面でも将来どれくらい子供にかかるのか、悩まれる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。そこで、どんな種類の保険があるのかを知り、保険の特徴を知ることで、将来への不安を少しでも解消できたらと思います。