学資保険の満期金に税金はかかる?

学資保険の満期金に税金はかかる?

学資保険と税金について

子供の将来のことを考え、教育費用のために学資保険に加入しているご家庭も多いかと思います。

 

そして学資保険に加入をするメリットと致しましては定期的に祝金がもらえたり、満期になると満期金がもらえます。

 

そしてこの満期金としては受け取ったお金は税法上一時所得と言う項目に分類されます。

 

そうすると税金はかかるのかと言うことがきになりますがでも『実際に受け取ったお金』と『それまでに払い込んだ保険料』の差額が50万円を超えた時にしか税金はかかりません。

 

またほとんどのご家庭が満期金は200万円〜300万円の間で抑えていることが多いですので現在の返金率の計算ですと税金がかかることはまず無いと考えて良いでしょう。

 

しかし学資保険の場合には満期保険金の受取人がもし受取人が親ではなくお子様になっている場合には税金がかかる可能性が高いですので受取人はなるべく親にした方が良いでしょう。

 

受取人で変わる学資保険の損得

通常学資保険の保険料を支払うのは親です。
ですので親が払い、受取人も親の場合にはこれは親の自身の所得と考えられますので所得税の対象になります。

 

また保険料の支払いは親なのですが、受取人がお子様の場合にはお子様自自身は支払いをしておりませんので、形上は親からお金を贈与されたと言う分類をされるために贈与税の対象となるのです。

 

こうしたことからどちらにしても税金がかかると言う認識を持たれる感覚がありますが、しかし先にご説明をした通り所得税のは学資保険の満期金が300万円は以内であればかからない場合が多いです。

 

ですのでもしお子様が受け取る場合には贈与税が発生しますのでどの位の税金になるのかを計算しておくと良いでしょう。

 

所得税がかかる場合

所得税と言うのはその所得の性質によって税率が変わってきます。

 

ちなみに学資保険の満期金は一時所得と判断されまして税額の計算と致しましては(所得金額−所得を得るための必要な出費−特別控除50万円)×1/2となります。

 

恐らく大丈夫だとは思いますが、念のために計算をしておくとさらに安心するでしょう。

 

贈与税がかかる場合

贈与税につきましては贈与された額から基礎控除の110万円を引いて残りの額から税率を計算します。

 

例えば贈与額が500万円だとすると500万円−110万円=390万円となり、次に390万円×20%−25万円=53万円となりますので、結果として53万円が課税されることになるのです。

 

このように同じお金でも親が学資保険の満期金を受け取れば所得税がかりませんが、お子様が受け取ると贈与税53万円の税金が掛かってしまいますのでこの差は大きいものになります。

 

学資保険の満期金に税金はかかる?

関連ページ

学資保険は所得控除が適用され税金が安くなる
学資保険と言えば、お子様の将来のためにコツコツと養育費を貯めて、進学する時に困らないように備えると言う意味合いの貯金になりますが、実は意外と知られていない一般常識と致しまして、例えば被保険者に高度障害が生じた場合や、死亡してしまった場合にはその後の支払いが免除されて学費を賄う保険金が出ると言う、生命保険の内容も兼ね備えているのです。
学資保険に育英年金を追加すると受け取り時に税金がかかる?
学資保険には単にお子様の将来にかかる学費を貯蓄するためだけの目的ではなくて特約で育英年金を付帯することができます。またそもそも育英年金とはいったいどのような年金のことなのかと言いますと、もし契約者である親が高度障害状態になってしまったり死亡してしまった場合に、満期金を受け取るまでの間に毎年給付される保証です。