学資保険は所得控除が適用され税金が安くなる

学資保険は所得控除が適用され税金が安くなる

学資保険の所得控除について

学資保険と言えば、お子様の将来のためにコツコツと養育費を貯めて、進学する時に困らないように備えると言う意味合いの貯金になります。

 

ですが、意外と知られていない一般常識と致しまして、例えば被保険者に高度障害が生じた場合や、死亡してしまった場合にはその後の支払いが免除されて学費を賄う保険金が出ると言う、生命保険の内容も兼ね備えているのです。

 

ですので、学資保険は年末調整の時には生命保険料控除の割り当てになりますので、所得控除を受けることができるのです。

 

年末調整における学資保険の位置付け

毎年皆さまが12月に行なっている年末調整ですが、これは毎月のお給料から天引きされている税金を、再度各個人の状況に応じて再計算をして調整を行います。

 

そして過払いになっていた税金があれば、控除が反映されて戻ってくることになります。
また、学資保険も先にお話をさせていただいた通り、生命保険の内容も含んでおりますので生命保険控除に含まれるのです。

 

控除の方法について

通常、サラリーマンの方ですと会社で年末調整の用紙が配られると思いますが、学資保険の所得控除を行うには、『給料所得者の保険料控除等申請書兼配偶者特別控除申告書』に必要な項目を記入して、保険会社から郵送されてくる『生命保険料控証明書』を、必ず添付して提出をします。

 

たまに忘れがちなのが申告書のみの提出だと、会社側では受理することができずに所得控除の処理ができませんので、通常10月〜12月の間に皆さまが加入されている保険会社から必ず、生命保険料控除証明書が送られてきます。

 

ですので年末調整の時までに、なくさないように取っておく必要がありますし、もし届いていないと言う場合には年末調整の時期に入ったらすぐに、保険会社に問い合わせをする必要があります。

 

学資保険の所得控除計算について

学資保険の所得控除計算は皆さまが自身が所得控除額を計算しなければなりません。

 

ですので計算についてお話をさせていただきますと、所得控除額を計算する上では新方式と旧方式の2つがありますので間違えないように加入している保険に応じて計算をしなけらばなりません。

 

尚控除額は『給与所得者の保険料控除等申請書兼配偶者特別控除申請書』に記載されている計算式を使って新・旧方式の該当する保険額から計算式を探して保険額を当てはめて計算をします。

 

またご自身が新方式と旧方式のどちらがが分からないと言う場合には皆さまが学資保険を契約されたのが2012年12月31日以前であれば旧方式、そして2015年1月1日以降であれば新方式で計算をします。

 

学資保険は所得控除が適用され税金が安くなる

関連ページ

学資保険の満期金に税金はかかる?
子供の将来のことを考え、教育費用のために学資保険に加入しているご家庭も多いかと思います。そして学資保険に加入をするメリットと致しましては定期的に祝金がもらえたり、満期になると満期金がもらえます。
学資保険に育英年金を追加すると受け取り時に税金がかかる?
学資保険には単にお子様の将来にかかる学費を貯蓄するためだけの目的ではなくて特約で育英年金を付帯することができます。またそもそも育英年金とはいったいどのような年金のことなのかと言いますと、もし契約者である親が高度障害状態になってしまったり死亡してしまった場合に、満期金を受け取るまでの間に毎年給付される保証です。