子育て支援制度とは?

子育て支援制度とは?

子育て支援制度とはどのような制度なのかをご存知でしょうか?

 

何となく聞いたことがある言葉かも知れませんが、子育て支援制度の理念とは「すべての子供たちが笑顔で成長して行けるために」

 

「全ての家庭が安心をして子育てができて、育てる喜びを感じられるために」と言う考え方に基ずいて作られた制度のことなのです。

 

ですので今までに比べて子育て支援の数を増やして必要とする全てのご家庭が利用できる支援を用意したり、子育て支援の質を上げて子供たちが今まで以上に豊かに育って行けるような支援を作って行こうと言う母子ともに幸せになるための制度なのです。

 

ですので各地域の自治体に任された課題と致しましては「子育て中のすべての家庭を支援」そして「認定子供園の普及を図る」「多様な保園育の確保のより待機児童の解消に取り組む」「地域のいろいろな子育て支援を充実させる」と言うことがあるのです。

 

認定こども園

働く母親からすると昼間に子供が過ごしている場所や環境はとても気になると思います。
今までは母親が働いていたので保育所、働いていなければ幼稚園と言う考え方でした。

 

ですので途中までは働いていたので子供を保育所に通わせていたのですが、仕事を辞めたら保育所にいられなくなってしまい幼稚園に通わせる。

 

しかしまた働き出すと保育所に通わせるとなると、環境に応じてその都度子供の環境を変えさせないといけませんので、母子ともに負担が大きくなってしまうと言う現実がありました。

 

しかし2015年4月に新しくなった子育て支援の新しい制度のメインとも言える「認定こども園」は0歳〜5歳の子供の教育と保育を一体的に行う施設なのです。

 

また現在認定こども園の数は全国で2836件となっており、一年前の1360件から1476件も増加しており、これからも増えて行く予測をしておりますのでこれも子育て支援制度が充実している結果と言っても良いでしょう。

 

子育て不安の解消

親と子が交流できる拠点の設置数、一時預かり場所数、放課後児童クラブなどの増加が各自治体に義務付けられています。

 

特に放課後児童クラブの対象年齢は今までは小学3年生以下となっており4年生以上は受け入れられずに鍵っ子となり、自宅で親の帰りを待っていなければなりませんでしたが、現在は対象を小学6年生までに拡大することが国の方針として正式に発令されました。

 

尚、全てのご家庭を対象に親子が交流できる子育て広場などの拠点を増やしたり各地域の需要に応じて多彩な子育て支援が充実していることによって働く母親が仕事に集中でき、安心して子供を預けられる場所が増えて来ているのです。

 

よって子育て不安が解消されている昨今となっているのです。

 

 

子育て支援制度とは?

関連ページ

子供の教育費用はいくらかかるのか?
子供は皆さまの宝物である分、大切に育てていかなければなりませんがでも実際に立派に育つまでに子供の教育費用はどの位かかるのかが気になります。特に学資保険に入ろうと思っても全体感が分からないとザックリとしたイメージさえも立たなくなってしまいます。
教育以外の子供にかかる費用とは?
可愛い子供が生まれて嬉しい反面、子供が成長してゆくに連れて教育費用がかかると言う現実問題があります。ですのでお金がかかるべき時になった時にお金がないのでどうしようかと、焦ってしまうのは本末転倒となってしまいます。
海外留学の費用相場とは?
海外生活期間の保険料金、お小遣い、その他の雑費となります。そしてこれらの海外留学費用の中でも変動が激しくて重要視をしなくてはならないのが授業料と滞在費の2つになるのです。
教育ローンの概要と比較について
教育ローンについてご存知ありますでしょうか。結婚をされて間もないうちはまだお子様がいらっしゃらないので気にも留めないかも知れませんが、お子様が学校に通うようになったら教育費が必要になります。
教育費用どれくらい貯金してる?
お子様の教育費用をどの位貯金していますでしょうか?まだお子様が小さなうちは大きなお金が必要ないかも知れませんが、でもコツコツと溜めておかないと、いざ必要な時にお金がないためにお子様が行きたいと学校に行かずに苦労をかけてしまうことになってしまいます。
主婦の気になる貯蓄事情とは?
主婦の貯蓄事情はとても気になるところです。もちろん年代やどのようなお仕事をしているかによってもだいぶ開きが出てくると思います。また何のために貯蓄をするかと言うとお子様が小さいうちは自分のことよりはお子様の養育費のために貯蓄をする方達がほとんどになります。
奨学金制度の概要と比較
奨学金と言うのは成績が良くて優秀なのですが、お金がないために進学、勉強ができない子供達を金銭的にサポートをするシステムになります。
教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額
子供の成長過程に応じてどの位の教育費用がかかるのかをご説明いたしますので、皆さまがシミュレーションをされる際の参考にしていただければと思います。