子供の教育費用はいくらかかるのか?

子供の教育費用はいくらかかるのか?

子供は宝物である分、大切に育てていかなければなりませんがでも実際に立派に育つまでに子供の教育費用はどの位かかるのかが気になります。
特に学資保険に入ろうと思っても全体感が分からないとザックリとしたイメージさえも立たなくなってしまいます。

 

ですので各時期別に子供の教育費用についてのご説明をさせていただきます。

 

では幼稚園〜高校までのお子様にかかるの費用はどの位になるのでしょうか。

 

文部科学省の子供学習費の調べによると学習費総額と言われる入学金や授業料の他に制服代や教科書代、その他給食代や遠足代も含めて学校に支払うお金の総額になります。

 

幼稚園にかかる費用

まず幼稚園ですが公立の場合には3年間の総額といたしましては66万2,340円となっており1年間の費用は22万780円です。
また私立ですと3年間総額は161万198円でして1年間の費用は53万6978円となります。

 

たかが幼稚園だと思っていても一般のサラリーマンからしてみれば公立でも22万円強かかりますのでば決して安くは無い金額です。

 

小学生にかかる費用

次に小学生になると公立でも132万1397円となり年間でも30万3,566円です。

 

これはサラリーマンの1ヶ月の月給に匹敵する金額になります。
また小学生になると習い事をしたいと言う要望も出てくると思いますので家計的には大変な時期になってくると思います。

 

中学生にかかる費用

そして中学生になると更に上がり、公立では3年間の総額は137万9,518円となり、1年あたりの平均金額は45万9,839円となっております。

 

これは中小企業の部長レベルの月給となりますが、昨今の不景気を見ると非常に大変な価格です。

 

高校生にかかる費用

また高校生(全日制)になると中学生よりも少し安くなりまして三年間の総額は117万5,267円となりまして1年あたりの平均金額は39万1,756円となります。

 

また高校生までは公立か私立を選ぶことによって費用が大きく異なりまして、最大で2倍〜4倍の差が出てしまうことがあります。
そして特に小学生はその中でも6年間通うことになりますので差が顕著に現れて来るのです。

 

その他にかかる費用

幼稚園から高校生までの間に学校に支払う学費の他にかかる教育代といたしまして70万円〜125万円位かかるとされています。

 

そして実際にかかる教育費用とは違いますが、もしもお子様が大学になると地元を離れて1人暮らしを始めると言う場合には仕送りをしないといけませんので、その分も含めてお子様にかかる費用を考えておかなければなりません。

 

1人のお子様を就職させるまでにかかる費用と致しましては約1,000万円と見ておくと良いでしょう。

 

 

子供の教育費用はいくらかかるのか?

関連ページ

子育て支援制度とは?
子育て支援制度の理念とは「すべての子供たちが笑顔で成長して行けるために。全ての家庭が安心をして子育てができて、育てる喜びを感じられるために」と言う考え方に基ずいて作られた制度のことなのです。
教育以外の子供にかかる費用とは?
可愛い子供が生まれて嬉しい反面、子供が成長してゆくに連れて教育費用がかかると言う現実問題があります。ですのでお金がかかるべき時になった時にお金がないのでどうしようかと、焦ってしまうのは本末転倒となってしまいます。
海外留学の費用相場とは?
海外生活期間の保険料金、お小遣い、その他の雑費となります。そしてこれらの海外留学費用の中でも変動が激しくて重要視をしなくてはならないのが授業料と滞在費の2つになるのです。
教育ローンの概要と比較について
教育ローンについてご存知ありますでしょうか。結婚をされて間もないうちはまだお子様がいらっしゃらないので気にも留めないかも知れませんが、お子様が学校に通うようになったら教育費が必要になります。
教育費用どれくらい貯金してる?
お子様の教育費用をどの位貯金していますでしょうか?まだお子様が小さなうちは大きなお金が必要ないかも知れませんが、でもコツコツと溜めておかないと、いざ必要な時にお金がないためにお子様が行きたいと学校に行かずに苦労をかけてしまうことになってしまいます。
主婦の気になる貯蓄事情とは?
主婦の貯蓄事情はとても気になるところです。もちろん年代やどのようなお仕事をしているかによってもだいぶ開きが出てくると思います。また何のために貯蓄をするかと言うとお子様が小さいうちは自分のことよりはお子様の養育費のために貯蓄をする方達がほとんどになります。
奨学金制度の概要と比較
奨学金と言うのは成績が良くて優秀なのですが、お金がないために進学、勉強ができない子供達を金銭的にサポートをするシステムになります。
教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額
子供の成長過程に応じてどの位の教育費用がかかるのかをご説明いたしますので、皆さまがシミュレーションをされる際の参考にしていただければと思います。