教育ローンの概要と比較について

教育ローンの概要と比較について

教育ローンとは

教育ローンについてどの程度ご存知でしょうか。

 

結婚をされて間もないうちは、まだお子様がいらっしゃらないので気にも留めないかも知れませんが、お子様が学校に通うようになったら教育費が必要になります。

 

そんな時には学資保険や貯蓄だけでは教育費がまかなえない場合には奨学金が使えないかを調べてみる必要があります。

 

でも奨学金制度が対象にならなかった場合には教育ローンを検討されると良いでしょう。

 

教育ローンとは簡単に言ってしまうと借金になるのですが、だだローンの目的が定まっていないフリーローンに比べると、金利が低めになっています。

 

また教育ローンには民間の物と公的な物がありますのでそれぞれどのような特徴があるのかの比較をしてみましたのでご参考にしてみて下さい。

 

国の教育ローン

国の教育ローンは他の教育ローンと比較をしても安心してご利用いただけます。

 

どのようなメカニズムかと言いますと、国の教育ローンは日本政策金融公庫が運営をしている教育一般貸付のことを言います。

 

以前は郵便局などでも公的な教育ローンがありましたが、昨今の日本は政策金融公庫の教育ローンがほぼスタンダードとなっております。

 

尚、内容といたしましては融資限度額はお子様一人につき300万円以内、そして返済期間は15年以内となり、在学中は利息分だけの返済でも可能となっておりまして、金利は2.55%となっております。

 

ですので一般のキャッシングと比較をすると金利は低くなっております。
また住宅ローンよりは金利は高いですが、これは住宅ローンより返済期間が短くて融資の金額も少ないのでこのようになっております。

 

民間の金融機関の教育ローン

民間の金融機関の教育ローンにつきましては、世の中にある金融機関であればどこでも行っていると言っても過言ではないくらい、探すには苦労はしないでしょう。

 

代表的な金融機関の教育ローンを見てみると、例えば東京三菱UFJ銀行ですと融資限度額は500万円以内、貸付期間は6か月以上〜10年以内となります。

 

また金利は3.975%となります。

 

またみずほ銀行は融資限度金額は300万円以内となっておりまして、貸付期間は6か月以上10年以内です。

 

そして金利は変動型の場合には3.475%となており、固定型は4.700%となっております。

 

またりそな銀行では融資限度金額は500万円以内で貸し付け期間は最大で10年以内です。
また金利は4.48%なのですがもともとりそな銀行の住宅ローンを利用している場合には金利が2.975と優遇されております。

 

このように教育ローンと言っても国の教育ローンや金融機関で比較をするとそれぞれ融資限度額や貸付期間、そして金利がことなりますのでどの教育ローンが良いか、ご家族で話し合って検討してみると良いでしょう。

 

教育ローンの概要と比較について

関連ページ

子供の教育費用はいくらかかるのか?
子供は皆さまの宝物である分、大切に育てていかなければなりませんがでも実際に立派に育つまでに子供の教育費用はどの位かかるのかが気になります。特に学資保険に入ろうと思っても全体感が分からないとザックリとしたイメージさえも立たなくなってしまいます。
子育て支援制度とは?
子育て支援制度の理念とは「すべての子供たちが笑顔で成長して行けるために。全ての家庭が安心をして子育てができて、育てる喜びを感じられるために」と言う考え方に基ずいて作られた制度のことなのです。
教育以外の子供にかかる費用とは?
可愛い子供が生まれて嬉しい反面、子供が成長してゆくに連れて教育費用がかかると言う現実問題があります。ですのでお金がかかるべき時になった時にお金がないのでどうしようかと、焦ってしまうのは本末転倒となってしまいます。
海外留学の費用相場とは?
海外生活期間の保険料金、お小遣い、その他の雑費となります。そしてこれらの海外留学費用の中でも変動が激しくて重要視をしなくてはならないのが授業料と滞在費の2つになるのです。
教育費用どれくらい貯金してる?
お子様の教育費用をどの位貯金していますでしょうか?まだお子様が小さなうちは大きなお金が必要ないかも知れませんが、でもコツコツと溜めておかないと、いざ必要な時にお金がないためにお子様が行きたいと学校に行かずに苦労をかけてしまうことになってしまいます。
主婦の気になる貯蓄事情とは?
主婦の貯蓄事情はとても気になるところです。もちろん年代やどのようなお仕事をしているかによってもだいぶ開きが出てくると思います。また何のために貯蓄をするかと言うとお子様が小さいうちは自分のことよりはお子様の養育費のために貯蓄をする方達がほとんどになります。
奨学金制度の概要と比較
奨学金と言うのは成績が良くて優秀なのですが、お金がないために進学、勉強ができない子供達を金銭的にサポートをするシステムになります。
教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額
子供の成長過程に応じてどの位の教育費用がかかるのかをご説明いたしますので、皆さまがシミュレーションをされる際の参考にしていただければと思います。