主婦の気になる貯蓄事情とは?

主婦の気になる貯蓄事情とは?

主婦の貯蓄事情について

主婦の貯蓄事情はとても気になるところです。

 

もちろん年代やどのようなお仕事をしているかによってもだいぶ開きが出てくると思います。
また何のために貯蓄をするかと言うとお子様が小さいうちは自分のことよりはお子様の養育費のために貯蓄をする方達がほとんどになります。

 

年代別の主婦の貯蓄金額について

まず働き盛りで子供の教育にもお金がかかる40代の主婦の貯蓄事情についてのお話になります。

 

女性の方とは言え一流企業でバリバリと働いている方と、パートで働いている方がいますので、どのような勤務形態かによっても差が出て来ますが、一般的に40代の主婦の方達の貯蓄金額は、225万円が中央値となっています。

 

また20代から30代にかけてはあまり変化がなく、200万円となっています。

 

このことからも分かるように40代は、子供の塾や成長期にかかる食費、また住宅ローンの返済などお金がかかるので、その分の貯蓄が必要になってくるのです。

 

貯蓄ができない主婦の理由と対策

上記に記載をした各年代別の主婦の貯蓄金額はあくまでも平均値になりますので、全ての主婦のの方がそうだとは限りません。

 

ですので中にはなかなか貯蓄ができずに家計的に苦しくなっている家庭もあります。

 

ではどのような方達が貯蓄ができていないかと言いますと、先ず最初に挙げられるのが、子供がいないご家庭です。

 

経験があるかと思いますが、独身のうちは将来のことはその場でどうにかなるかと思い、お給料が入ったらショッピングをしたり、美味しいものを食べたりなど、貯蓄のことなど考えないで、お給料を使いたい放題ですので、手元にお金が残ることはありません。

 

ですが、本来はお子様がいなくても結婚をしたのであれば家賃、保険、旦那さまが病気になった時のための、緊急用のお金が必要になりますので、結婚をしたと言う自覚を持って生活をしなくてはなりません。

 

次に考えられるパターンと致しましては、お給料やボーナスが入ったら残ったお金を貯蓄しようとしている方です。

 

特徴は感覚的に手元にお金が入ったら先ず買う、食べる、旅行をするなどの目先の衝動に駆られてしまい、次のお給料の前までには何とかなるだろうと思い込んでしまうのです。

 

そして実際には、お財布の中のお金が無くなるまでになってしまったり、残ったとしても小銭だけになり、年間にしても数千円の貯蓄にしかならないと言う結末に陥るのです。

 

なのでこの問題を解決するには、お給料が入ったらはじめに生活費に掛かる費用を計算して、残ったお金を貯蓄に回すような生活スタイルを取ると良いでしょう。

 

特に旦那さまから家事を任されている主婦の方は、旦那さまに怒られないようにしっかりと家計簿をつけましょう。

 

主婦の気になる貯蓄事情とは?

関連ページ

子供の教育費用はいくらかかるのか?
子供は皆さまの宝物である分、大切に育てていかなければなりませんがでも実際に立派に育つまでに子供の教育費用はどの位かかるのかが気になります。特に学資保険に入ろうと思っても全体感が分からないとザックリとしたイメージさえも立たなくなってしまいます。
子育て支援制度とは?
子育て支援制度の理念とは「すべての子供たちが笑顔で成長して行けるために。全ての家庭が安心をして子育てができて、育てる喜びを感じられるために」と言う考え方に基ずいて作られた制度のことなのです。
教育以外の子供にかかる費用とは?
可愛い子供が生まれて嬉しい反面、子供が成長してゆくに連れて教育費用がかかると言う現実問題があります。ですのでお金がかかるべき時になった時にお金がないのでどうしようかと、焦ってしまうのは本末転倒となってしまいます。
海外留学の費用相場とは?
海外生活期間の保険料金、お小遣い、その他の雑費となります。そしてこれらの海外留学費用の中でも変動が激しくて重要視をしなくてはならないのが授業料と滞在費の2つになるのです。
教育ローンの概要と比較について
教育ローンについてご存知ありますでしょうか。結婚をされて間もないうちはまだお子様がいらっしゃらないので気にも留めないかも知れませんが、お子様が学校に通うようになったら教育費が必要になります。
教育費用どれくらい貯金してる?
お子様の教育費用をどの位貯金していますでしょうか?まだお子様が小さなうちは大きなお金が必要ないかも知れませんが、でもコツコツと溜めておかないと、いざ必要な時にお金がないためにお子様が行きたいと学校に行かずに苦労をかけてしまうことになってしまいます。
奨学金制度の概要と比較
奨学金と言うのは成績が良くて優秀なのですが、お金がないために進学、勉強ができない子供達を金銭的にサポートをするシステムになります。
教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額
子供の成長過程に応じてどの位の教育費用がかかるのかをご説明いたしますので、皆さまがシミュレーションをされる際の参考にしていただければと思います。