奨学金制度の概要と比較

奨学金制度の概要と比較

奨学金制度とは何か?

ご自身が対象ではなくとも、一度は奨学金と言う言葉は聞いたことがあるかと思います。

 

奨学金と言うのは成績が良くて優秀なのですが、お金がないために進学、勉強ができない子供達を金銭的にサポートをするシステムになります。

 

また、奨学金には2種類ありまして、そのままお金がもらえて返さなくても良い給付型と、一時的にお金を借りる形になる貸与型があります。

 

またこの2つについて欧米などの諸外国と比較をしてみますと、海外につきましては給付型が多いのですが、日本では後者の貸与型が一般的となっております。

 

ですので形としては一時的にお金を借りる形になるのですが、しかし一般的な民間のローンに比べると金利が低いので、我が子を進学させたいと言う親御さんには検討しやすい制度だと思います。

 

奨学金制度の種類と比較について

奨学金の意味合いや通常の教育ローンに比べると、金利が安いことはお分かりになったかと思います。

 

しかし奨学金制度は一つだけではありません。

 

それはどう言うことかと言いますと、奨学金制度には国や公的機関や地方自治体、そして大学などの教育機関、民間団体や企業の3つの運営によって分かれているのです。

 

ではそれぞれの比較をした場合に、どのような差があるのかと言うことをお話しさせていただきます。

 

まず国や公的機関の奨学金制度についてですが、他の2つと比較をした場合に大きく異なることは、一定の基準で審査をクリアすると無利息になる場合があります。

 

また留学をしたい方のための奨学金や災害時に緊急なお金が必要になった学生への融資も行なっています。

 

また地方自治の奨学金については、例えば東京であれば『東京育英資金貸付事業』があり、都内の高校に行く学生に対して無利子で月額18,000円の融資を行なっています。

 

次に大学などの教育期間についてですが、前者と比較をすると各大学に在学、または進学しようとしている方々を対象に、融資を行なっている部分が異なります。

 

しかも成績が優秀な学生には、返済が要らない給付型が対応されることも比較をした場合の大きなメリットになります。

 

また民間団体や企業については、企業が慈善事業で行なっている場合が多く、他の2つの奨学金制度と比較をすると進学進路の限定もありませんし、毎月35,000円〜45,000円もの融資が受けられる場合もあります。

 

但し、民間団体や企業の奨学金制度は他と比較をすると、審査が難関になります。
でも他の奨学金と併用できたり給付型の場合もありますので挑戦してみる価値は十分にあると思います。

 

奨学金制度の概要と比較

関連ページ

子供の教育費用はいくらかかるのか?
子供は皆さまの宝物である分、大切に育てていかなければなりませんがでも実際に立派に育つまでに子供の教育費用はどの位かかるのかが気になります。特に学資保険に入ろうと思っても全体感が分からないとザックリとしたイメージさえも立たなくなってしまいます。
子育て支援制度とは?
子育て支援制度の理念とは「すべての子供たちが笑顔で成長して行けるために。全ての家庭が安心をして子育てができて、育てる喜びを感じられるために」と言う考え方に基ずいて作られた制度のことなのです。
教育以外の子供にかかる費用とは?
可愛い子供が生まれて嬉しい反面、子供が成長してゆくに連れて教育費用がかかると言う現実問題があります。ですのでお金がかかるべき時になった時にお金がないのでどうしようかと、焦ってしまうのは本末転倒となってしまいます。
海外留学の費用相場とは?
海外生活期間の保険料金、お小遣い、その他の雑費となります。そしてこれらの海外留学費用の中でも変動が激しくて重要視をしなくてはならないのが授業料と滞在費の2つになるのです。
教育ローンの概要と比較について
教育ローンについてご存知ありますでしょうか。結婚をされて間もないうちはまだお子様がいらっしゃらないので気にも留めないかも知れませんが、お子様が学校に通うようになったら教育費が必要になります。
教育費用どれくらい貯金してる?
お子様の教育費用をどの位貯金していますでしょうか?まだお子様が小さなうちは大きなお金が必要ないかも知れませんが、でもコツコツと溜めておかないと、いざ必要な時にお金がないためにお子様が行きたいと学校に行かずに苦労をかけてしまうことになってしまいます。
主婦の気になる貯蓄事情とは?
主婦の貯蓄事情はとても気になるところです。もちろん年代やどのようなお仕事をしているかによってもだいぶ開きが出てくると思います。また何のために貯蓄をするかと言うとお子様が小さいうちは自分のことよりはお子様の養育費のために貯蓄をする方達がほとんどになります。
教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額
子供の成長過程に応じてどの位の教育費用がかかるのかをご説明いたしますので、皆さまがシミュレーションをされる際の参考にしていただければと思います。