教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額

教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額

教育資金シミュレーションについて

お子様ができた時には可愛さのあまりについ、現実逃避をしてしまいますが、そんな大切なお子様だからこそ将来の教育資金のことも考えておかないといけません。

 

子供の成長過程に応じてどの位の教育費用がかかるのかをご説明いたしますので、シミュレーションをされる際の参考にしていただければと思います。

 

先ずは、幼稚園から高校生にかけての教育費用シミュレーションですが、入学金、授業料、その他に制服や教科書、給食費や遠足代などを含めると、幼稚園は公立で3年間で約66万円、私立では161万円と約3倍弱の差があります。

 

1年あたりで割っても公立が約22万円、私立が53万円となり、特に私立に行くお子様にはお金が掛かる計算となります。

 

そして小学生になると期間が6年間と長いので、更に教育費の差が顕著に表れてきます。

 

公立の小学校の場合6年間の総額が約182万円、1年あたりは約30万円となりまして、私立小学校の場合には6年間で約881万円、1年あたり146万円かかるシミュレーションになります。

 

また中学生になると3年間ですので、公立だと3年間で約137万円、1年あたりは約45万円となり、私立中学校に入学させると約3年間で383万円、1年あたりが約127万円になります。

 

そして義務教育ではないとはいえ、やはり最低でも高校は卒業させておきたいものです。

 

ですので、全日制の高校にてシミュレーションを行った場合には、公立で3年間の総額が約117万円となり、1年あたりが約39万円、そして私立高校に入学すると3年間で約275万円となり、1年あたりは約91万円になります。

 

このように高校までは私立校に入学するか公立校にするかで2〜4倍もの価格差が出て来てしまいます。

 

また大学になると国公立大学の入学と在学を含めた教育費用で考えると約516万円となり、私立大学だと約688万円です。

 

そう考えるとぞっとなってしまいますが、上手く学資保険を利用してお子様が小さいうちから貯蓄をしておきたいものです。

 

月々の目標と積立金額について

上記シミュレーションの通りに教育費と言うのは莫大な費用がかかりますので、なるべくお子様が小さなうちから貯蓄をしておきたいものです。

 

学資保険を早く始めれば、その分月額の負担も安く済みます。

 

ですので月々の積立金額の目標を知る上で、小学生6年生以下の子供がいる20代〜40代のご家庭の平均積立金額といたしましては、1万円〜1万5千円と答えた人が一番多く、次に5000円〜1万円未満と言う実情があります。

 

このペースで0歳〜18歳までコツコツと積み立てると約216万円となりますので、大学の教育費用の全てとは行かなくても、半分弱は学資保険で賄うことができるシミュレーションとなります。

 

ですのでお子様がどのような道に進みたいかは教育課程でないと分かりませんが、最低限その場でお金がないと困らない様に、将来の教育費を貯蓄しておくことが大切になります。

 

教育資金シミュレーションと月々の目標と積立金額

関連ページ

子供の教育費用はいくらかかるのか?
子供は皆さまの宝物である分、大切に育てていかなければなりませんがでも実際に立派に育つまでに子供の教育費用はどの位かかるのかが気になります。特に学資保険に入ろうと思っても全体感が分からないとザックリとしたイメージさえも立たなくなってしまいます。
子育て支援制度とは?
子育て支援制度の理念とは「すべての子供たちが笑顔で成長して行けるために。全ての家庭が安心をして子育てができて、育てる喜びを感じられるために」と言う考え方に基ずいて作られた制度のことなのです。
教育以外の子供にかかる費用とは?
可愛い子供が生まれて嬉しい反面、子供が成長してゆくに連れて教育費用がかかると言う現実問題があります。ですのでお金がかかるべき時になった時にお金がないのでどうしようかと、焦ってしまうのは本末転倒となってしまいます。
海外留学の費用相場とは?
海外生活期間の保険料金、お小遣い、その他の雑費となります。そしてこれらの海外留学費用の中でも変動が激しくて重要視をしなくてはならないのが授業料と滞在費の2つになるのです。
教育ローンの概要と比較について
教育ローンについてご存知ありますでしょうか。結婚をされて間もないうちはまだお子様がいらっしゃらないので気にも留めないかも知れませんが、お子様が学校に通うようになったら教育費が必要になります。
教育費用どれくらい貯金してる?
お子様の教育費用をどの位貯金していますでしょうか?まだお子様が小さなうちは大きなお金が必要ないかも知れませんが、でもコツコツと溜めておかないと、いざ必要な時にお金がないためにお子様が行きたいと学校に行かずに苦労をかけてしまうことになってしまいます。
主婦の気になる貯蓄事情とは?
主婦の貯蓄事情はとても気になるところです。もちろん年代やどのようなお仕事をしているかによってもだいぶ開きが出てくると思います。また何のために貯蓄をするかと言うとお子様が小さいうちは自分のことよりはお子様の養育費のために貯蓄をする方達がほとんどになります。
奨学金制度の概要と比較
奨学金と言うのは成績が良くて優秀なのですが、お金がないために進学、勉強ができない子供達を金銭的にサポートをするシステムになります。