県民共済についての悩みや体験談を集めました。

▼県民共済の落とし穴とは▼

県民共済,保険

県民共済についてのコラムを集めました。記事一覧

我が家の子供の保険選び、子供が小さい頃は、病気が不安でしたが、大きくなるにつれて、習い事でのケガの入院、通院などに不安な事が変わってきました。子供の保険の保障を考えた時、死亡保障はいらないもしくは、少額でいいと思いました。ただ病気、ケガなどの方が必要だと思いました。ケガの保障入院保障が少し欲しいと思って、大手保険会社で見積もりを取りましたが、やっぱり、大手保険会社だといらない死亡保障内容も大きくな...

今から15年以上も前の事です。当時私は親元を離れ一人暮らしをしていました。風邪をこじらしてかかりつけのクリニックに診察していただき、会計をすました後、ふと民間の医療保険に加入していない自分に気づきました。病気や怪我は交通事故と同じで、いつ襲ってくるか分かりません。何かあったときこれは大変だ備えが必要だと思いました。でも一体どこの保険会社で、どんな保障内容の医療保険を選んでいいのか全くわかりませんで...

何年かに一度は保険の見直しをしないと・・・といつも思っているのですが、今のところまだ県民共済に入っています。基本的には子供向けの共済保険と私自身の共済保険の2つに入っていますが、掛け金は二人合わせても3000円とかなり安いです。県民共済は掛け金が安いのはもちろんのこと、年度末になると払い戻しされる金額もある程度毎年出してくれるので気に入っています。県民共済に入ったのは子供が小さい時からでした。やは...

独身のころは保険には入っていませんでした。そのころは保険というと、毎月高い掛け金を払わなくてはならないというイメージがあり、また、若いので病気で入院することなどないだろうと思っていたからです。そして実際入院することはなかったので幸いでした。しかしその後、家庭をもってからは保険の大切さを考えるようになってきました。もし家族が怪我や病気で入院したら、費用を支払うことができるだろうかと不安になってきたの...

家族全員、県民共済に入っています。きっかけは結婚したとき、主人の上司のすすめでした。結婚当時は私も働いておらず、生活が厳しく、高い掛け金の終身生命保険にはなかなか入る余裕がありませんでした。しかし生活が厳しいからこそいざというときの備えは早急に必要でした。でも、世間知らずの私たち夫婦は何を選べばいいかもわからず、最初は乗り合い保険代理店に行きました。そこでは外資系保険会社の定期保険をすすめられまし...

正社員として勤めていた会社をリストラ同然という形で退職を余儀なくされてから非正規の仕事に従事し、収入が今までの半分以下という緊急事態に家計を根本から再検討しないと生きていけない状況となったのは4年前の事。とりあえず、生命保険や自動車保険、もちろん食費や衣料など全面的に経費削減をしなければならなかったのですが、金額面で一番削減ができたものは自動車保険と生命保険でした。中でも生命保険料は大きな削減とな...