学資保険についての悩みや評判を集めました。

▼学資保険の落とし穴とは▼

学資保険のコラムを集めました。記事一覧

今年の1月に第一子を出産しました。子供のために貯金はしていたのですが、実姉から「自分の子供が生まれてすぐ学資保険に加入しないで後悔している。」という話を聞き、それまで、加入するか迷っていたのですが、加入をしました。産まれてすぐに加入した方が、月々の掛金も安く済みます。私の場合は、インターネットで、保険の比較サイトを見たり、実姉のママ友のアドバイスを聞いたりして、かんぽ保険の学資保険に加入しました。...

息子ができるまで学資保険についてほとんど知らず、生まれてから親に早めに学資保険に入っときなさいと言われて慌てて考え始めました。夫の仕事上転勤が多い為、間違いなくどこにでもある、かんぽが一番都合がいいだろうと、他のところとあまり比べることなく決めて、とりあえず何も知識がなかった為、話だけ聞きに行くことにしました。そこで2月に聞きに行ったのですが、4月までに入らないと1歳になってなくても学年計算になる...

現在大学生の息子のために18歳満期で、かんぽ生命の学資保険満期300万円(途中のお祝い金60万)生命保険会社の学資保険50万円(途中のお祝い金100万円)のものを2口かけていました。かんぽ生命は、死亡保険金のほか、万が一世帯主が亡くなった場合保険料の払い込みが免除になるタイプ、万が一両親がともに不慮の事故などでなくなった場合、一年に60万円のお金が子どものために支給される保険をつけていました。子ど...

私たち夫婦は子供が産まれた日から学資保険と医療保険のセットのプランに入っています。旦那が入っている保険の方から妊娠中に色々と話を聞いていたし、周りの友達も学資保険に入っているひとが多かったので保険に加入する事は決めていました。もちろん、プランはいくつかありました。結局、学資保険保険に別枠で加入しても医療の部分でかけるなら一緒がいいかと思ってセットプランに加入する事にしました。学資保険は最終的な満期...

私には子供、女の子が2人います。2人とも生まれてすぐに学資保険に入りました。子供が生まれたら学資保険に入るものだと思い、迷いなく加入しました。加入してから子供が中学、高校と入学するときに少ない金額ではありましたが、保険会社へ請求をしてお金を頂きました。貯金もあまりしていませんでしたので、すごく助かりました。子供が生まれたら保険に入ろうと思われる方は学資保険を真っ先に思い浮かべられると思いますが、ま...

学資保険というのは、子どもの教育資金の確保を目的とした保険です。他の生命保険と同じで、毎月決まった額の保険料を払い続け、満期になれば満期金として給付金をもらうことができるものです。学資保険には、被保険者の子供が病気、けがの場合など様々な保障がついているものもありますが、基本的にはその満期の際にもらえる満期金をもって教育資金に充てようというのです。たとえば大学進学のためのお金を小学生の頃から準備して...

妊娠7か月より学資保険を掛けられました。貯金は意識しないと出来ないと思い、強制的に貯金しようと思い、学資保険を選びました。1か月¥10,000位ですが、それにプラス500円ほどで入院保険を付けることができました。強制的に引き落としなので、貯金が出来ない人にはとてもいいと思います。年齢の節目には、お祝い金が出るので、入学準備に充ててもいいし、下さないとそれに少し高い利率がついてきて、預金してるよりは...

私も夫も実家で学資保険に入っていませんでした。私自身は高校卒業でそのまま就職した口なので特に学費に困ったということはなかったのですが、夫の家は「大学に行きたければ入学金は出してあげる、でも後は奨学金でまかないなさい」という方針だったらしく、結婚した今でも奨学金の返済を続けています。正直この返済がなかったらもっと貯金に回せるのになぁなんて考えたりしますがそういうことも含めて相手と結婚したのだし文句は...

かんぽの学資保険は、なんといってもまず安心感があります。いつでも子供に入れる学資保険ではないわけです。出産予定日の140日前から加入ができるのです。かんぽ生命の学資保険は、12歳までの子供さんに対応していただけるものです。目的によって学資金の準備ができるものとなり、3つのコースがあります。0歳〜12歳の子供さんへは 大学入学時の学資金準備コース、また大学入学時+在学中の学資金準備コースがあります。...

私には三人の子供がいますが、三人ともすべて学資保険に入っています。会社も、その会社が倒産したらのことを考えて、全部別々の保険会社に入っています。一人目は、知り合いの保険の外交員さんに勧められて入った第一生命、二人目は戻り率がいいソニー損保、三人目はリスクがなるべく低いかんぽにそれぞれにかけております。学資保険に入った理由は、強制的に貯金ができることです。なぜなら、解約するのがなかなか勇気がいること...

殆どの学資保険が妊娠中でも入れるとは知っていましたが、無事に出産するまで不安が大きく入らないまま出産をしました。妊娠中に入るメリットとしては仮に月掛十七年として、半年くらい早い時点から支払いをスタート出来る点です。生命保険も学資保険も、早く入れば入るだけ保険料は安くなります。本当は産後直ぐに入れたかったのですが、体調不良や慣れない育児に追われ、このままでマズいと思い、色々な保険を教えてくれる総合案...

学資保険についてお話しますが私の家庭では、二つの学資保険の加入をしています。そこで学資保険のメリットについてですが貯金と違って万が一契約者が何かあったときに今後の支払いが払った状態になる学資保険もあります。学資保険の契約者については二つありますが、夫と私お互いの名前で一つ一つ加入しています。支払いが最初は大変だと思うかもしれませんが、今後につながるものなので大変便利です。そして子供が小さいうちには...

子どもが産まれて自分の父から学資保険を組むことを勧められました。最初はわざわざ学資保険を組まなくても、子どもの口座も作ったしそこに貯金していけば大丈夫でしょうと思っていました。しかし現実はそこまで甘くなかったです。お正月やお盆などにそれぞれの実家に遊びに行った際、お年玉やお小遣い等をもらいます。まだ子どもは小さいので、私たちが後で口座に入れようと思っていても、つい生活費として使ってしまうことが多々...

学資保険というと何かとっつきにくて硬いメージがありますが、子供が生まれたらぜひ検討してもらいたい保険です。子供が生まれてからというよりも、予定日が確定したら調べ始めても早くないと思います。学資保険の中には出産前から(妊娠期間中)に加入できる保険もあるからです。それに子供が生まれると、ばたばたしてしまいなかなか、学資保険のことまで考えられないし外出もままならなくなってきます。我が家も子供が3人います...

一人子供を育てるのにどのくらいのお金がかかるのでしょうか?生れてきてありがとう。うれしいばかりで過ごすわけにはいかないのが現実です。国から育児補助をいただいています。子供のためにどのように使うのかは、各家庭によって違います。いずれにしても、子供を育てるために使用することだと思います。IT社会になり、常に情報が手に入るようになりました。現在テレビなどの報道でコンピューターにより生活が変わっていくと言...

子供が生まれたとき出産手当を子供のために使いたくて、学資保険に加入した。二人目が生まれたときも、加入した。その後義母が亡くなって孫にとお金を残してくれたのも、保険の年払いに充てた。子供の父親とは縁がなかったのか間もなく離婚することになり、二人の子供と私の生活が始まった。毎日の生活費はなんとかなったが、離婚して間もなく長女の小学校入学が控えていた。戸籍や住民票の移動など書類に追われて子供の準備が後回...

子供が産まれたら、学資保険をと考えている方は多いと思います。私の周りでも実際にそうでした。学資保険は色々な会社(保険会社、金融機関など)で販売されています。検討されている方は、何処にしたら良いのか悩みますよね?お金に関する記事が載っている雑誌などにも、学資保険の事が書かれているものが有り、選択肢があり過ぎて逆に悩みます。私の体験談をここでお話したいと思います。子供が2人いて、今後の教育資金確保の為...

学資保険は、子供が18歳になったときを満期として設定した、貯蓄が目的とした保険商品です。いろいろな損害保険会社で販売されていますし、郵便局でも販売しております。学資保険をする目的としては、子供進学のための資金にするためです。大学進学、専門学校への進学のための資金としては、今までは銀行の積み立て定期が積み立て貯金がよかったのですが、リーマンショックなどで経済がデフレとなり、金利がどんどん低下していき...